25. マラソン大会

マラソン用ウェアの制作について

マラソンをする際には、基本的にはどのような格好でもよいのではないかと思います。
季節によっても異なるかと思いますが、
普段のジョギングでは個々が好きな格好をして走っているのではないかと思います。
 
しかし、ちょっとした大会や大きな大会の際にも、
適当な格好で走るという方は少ないのではないでしょうか?
 

icon_titleA_01.png

マラソンチームのユニフォームを作ろう!人気のユニフォーム作成



⇒ クラスTシャツのnoble




団体でマラソン大会に参加する場合はもちろんですし、
個人で参加する場合にもそれ相応の格好をしていった方が良いでしょう。
それでは、マラソンに適した格好とはどのようなものなのでしょうか?
 
特に長距離を走る場合には、できるだけ軽くて熱くない格好をする必要があります。
Tシャツタイプのユニフォームを着る方も少なくありませんが、
タンクトップタイプのユニフォームを利用する方も多いです。
 
ゼッケンを付けることが多いですのでデザインはどうでもよいという方もいらっしゃいますが、
こだわる方はユニフォームの形や素材だけではなく、
色やデザインもしっかりと考えているようです。
 
マラソンのユニフォームも、一般的なスポーツユニフォームと同じように、
ドライ素材やメッシュ素材などが使われることが多いです。
汗をかいても重くなりませんし、すぐに乾くためメリットが大きいのです。
 
通常の綿のTシャツなどと比べると若干価格が上がりますが、
良いコンディションの中、最高の結果を出すためには、
数十円の出費は痛いものではないのではないかと思います。
 
大会用にオリジナルデザインのユニフォームを作るという方もいらっしゃいますが、
練習の時からそのユニフォームを着てモチベーションを高めるという方も多いです。
特に団体で練習する際などには、
同じチームの仲間と頑張ろうという結束力も生まれます。
仲間が頑張っているから自分も頑張れるというような集団意識が、
マラソンに対する意識も高めてくれるのではないでしょうか?
 
学生が体育祭や学園祭などで注文するオリジナルのチームTシャツとは異なり、
マラソンのユニフォームは上だけではなく下も一緒に作ることが多いです。
トップスとボトムスの色をそろえる方もいらっしゃいますし、
あえて違う色でおしゃれに着こなすという方も少なくありません。
 
また、胸の部分とモモの部分に同じロゴを入れて、
上下セットのユニフォームで気持ちを高めるチームも多いようです。
胸の位置はゼッケンで隠れてしまうから、
胸ではなくTシャツの腕にロゴを作るという方もいらっしゃいます。
 
他のスポーツとは違いゼッケンを付けることが多いマラソンですので、
それも考えてTシャツやユニフォームのデザインをしなければなりません。
逆に言えば、ゼッケンを考えてユニフォームを作れば、
どこ「よりもオシャレなチームとして話題になるのではないでしょうか?
 
もちろん見た目のオシャレだけではなく、
よいユニフォームを作るためには耐久性や速乾性にも強い生地を使う必要があります。
すぐに乾くような素材でオーダーすれば、
大会の時だけではなく日常的なランニングやジョギングにも気軽に使えます。
 
例えば人気の草野球チームやサッカーチームなどは、
たくさんの選手がいるためユニフォームの発注数も多くなるのではないかと思います。
それと比べると、マラソンのチームの中には少数人で構成されているところも多いため、
発注枚数が少なくなってしまうのではないでしょうか?
 
発注枚数が少なくなればなるほどユニフォーム1枚当たりの単価が上がるので、
1枚当たりの価格を下げるために、
1人あたり2枚や3枚ずつ購入するのもよいのではないかと思います。
特に毎日練習するような方であれば、
2枚ないし3枚を取り換えて使うことができますので、
それぞれを長期的に使うことができるのではないかと思います。